ayumiko

殴り書きしかしてない

値下げ要求に応じた先に、また値下げ要求とはね

 
(フリマの話です)


値下げって不愉快よね

ぼってるわけでもないのに安くしろって…
高いって?じゃあ買わんでよろし
いつこっちが「いくらになってもいいから買ってくれ」って頼んだよ?

いらないものとはいえ、こっちにも処分するにあたって割に合う合わないってもんがある
私が提示した額で、そのくらいの価値があると思った人が買ったらいいんじゃー
こっちゃそういう人が現れるのを待ってるだけよ
慈善事業じゃないんだから、どうせ捨てるくらいなら金になったらいいなって、あわよくば精神で売りに出してる

だのにどうしても早急に売りに出したいだろうと思われているのか、足元みるみたいに揃いも揃って「値下げ!」「値下げ!」「値下げ!」

不愉快だわ…
その価格ではべつに売りたくもねぇよって言いたいわ
やりとりめんどうだし、時間だってタダじゃあないからね


と常々思っているのですが
今回もまた当たり前のように値下げ要求が来ましたよ


950円で出品しているものに
「少し下げてくれませんか?」と


あんだよ少しって?
じゃあ1円の値下げでもいいんだろうな?

まあいじわるはやめといて、50円の値引きにしてやりましょうか



そんなたいして変わらん額、痛くも痒くもねえからなぁ下げてあげるよ不愉快だけどさ


ていうかなんならこれに不服として帰ってくれって思ってるけど


私「900円でいかがでしょうか?ご検討ください」(なげやり)
って言ってあげたわよ


いつもだったらコメントありがとうとか絵文字とかつけるけど
さすがに最近気張るのも面倒になってきた
いや、断ってもいいのに値下げに応じ、検討しなくていいのにこう言ってあげてるんだから頑張ってる方よ?


相手「850円になりませんか?」




さらに値下げ要求…!?
なんだ?逆オークションやってんのか…?
私のことを今日の宿代が払えないからいくらになっても売りさばきたい旅人だとでも思ってんの?

いつもならこの額に満足できない輩は無視か、検討しますのどちらかなのに
こうきたか…!
まったく信じられないことが起こる!


ていうか100円引きじゃねぇと買わないなら最初からそう言え‥
手間かけさせんな
1円でも下げたら値下げには応じているわけだけど、それで満足できねぇなら最初から100円引いてくれない?って言ってほしいよブロックするから


100円くらいたいして痛くもない額だしいつもならそれくらい下げてやってますけどね
こんな無礼者に
不愉快になってまで売りたいとは思わん額なのよね
850円って

どうせいつかは誰か買うし
なにせ最安値だし


値下げ要求来た時点で不愉快なのに
この小さな善意で有り難みを感じずにさらに要求されるとは
不愉快に不愉快を重ねて、これなんていう不愉快?


絶対こいつに売りたくないわ
正規の値段950円でも


今すぐに売りたいものでもないし、出品したばかりだし、他と比べて最安値で出してるので誰か買うかもしれないからまだこの額にしたいと思いますーっていうようなことを言いたかったけど

こんなやつに丁寧な言い方考えるのもやってらんねぇわ


ガン無視きめこんで
出品取り下げた
そしてブロックした




もうさ、みんな値下げ要求されたら無視しよ?なんならブロックしよ…?


値下げに応じる人がいなくなって、なおかつブロックされるかもしれないとなれば客側の要求も止まるんじゃなかろうか
それが撲滅運動になるんじゃなかろうか




なんで不愉快にさせるだろうことがわかっていて(少なくともいい気分にはさせないよね)ブロックされるかもしれない危険をおかして、それっばっかりの額を下げようとできるのだろうか


私は恥ずかしくてできない
小学生でもあるまいし
その100円のために自分下げられない
(もちろん、私が宿無し飯なし飢え死に寸前の身だったら尊厳を捨ててでも生きるために迷いなく値切りができるだろうけど)


おまえそんな、100円ごときで困るくらい貧乏ならこんなの(生活必需品ではないもの)買ってるとこでねぇよ貯金しとけ
って思う

昨日の自分は死んだよ。今日の自分もじきに死ぬよ。

お世話になりました

怒ってくれてありがとう


知らないおじさんとかおばさんとか、学校の先生とか、友達のお母さんとか

いろんな人に育ててもらってたんだなぁ


って、
今日はとくに感じます



いっそ
こんな気持ちのときに死ねると
悪くない人生だった、って
納得して死ねる気がしています


悲しいかな
人間て
頭では覚えていても
いちいち気持ちを忘れてしまう生き物だから



きっとまた忘れる…





今日は昨日の続きではない
昨日の私と今日の私とでは
本人も自覚していないところで
きっと違う自分なのよね
たまーに、明らかに違うと感じるときあるけど

この地球の一つの生物でしかないとわきまえろ

火のないところに煙は立たない といいますが
火のないところに煙を立てる人というのはいるものですよ

幸せに幸せに生きてきた人にはわからないでしょうけれど

人を陥れる人なんかそうよね
人脈泥棒とか
虚言癖とかね


自分が何かを得るために、その人のものを奪って、蹴落とすために、なにをすると思う?


いい人にはわからないのよね

いい人って、だからいい人なんだとつくづく思うわ
この世の地獄を知らないから…いい人になれたんだ、と




根性論を唱える人に似ている
ある意味同類かね
ぬるま湯に浸かって、それでも何不自由なく生きてこられた人
“だから”自分が正しいのだと
自信がある


根拠は…『自分!』笑



そういうとこだぞ


自分基準、我を通す、道理がわからない
それが許されなくなるときは、絶対くると思う

奇跡はいくら連続したとしても
いつか途切れるものだから


自分を価値のある命だと思うことはいいことだけれど
傲慢なのよ
その態度

いつまで「自分は大丈夫」が続くの?

世の中さ、中年以降の年齢層の人多いんだし
ちゃんと一年に一度くらい聴力検査をして、問題があれば補聴器つけてくれない?
ギャンギャンうるさくてしかたないわ


体育館の端から端まで余裕で声が届くような音量の声で、当然体育館より狭い店内に、そういうグループに3つくらいいられてみ?

耳痛いっつーの
カナル型イヤホンで最大音量で曲を流しても
奴らの声のが勝つってどんだけ?
絶対耳遠いから声でかくなってんだよ…


40超えてそうな人こんなんばっかりだよ




イライラするわ…
こっちも大声で怒鳴らないと目の前の相手に声が届かないし


老いはしかたないよ
しかたないけど、対処しようとしてくれ
開き直るな
いつまでも王様でいないでくれ

謙虚さを忘れず(というより、身の程を知ること)、威張らずにいてくれさえすれば、
多少の迷惑も快く我慢できるのになぁ

あなたに、自分がいかに恵まれているかを悟ってほしいとか、気づかせてくれてありがとうとか思われたいのではない

逃げろ?
どこから?
誰から?
保護者とは文字通り、保護してくれる者

保護者の意見ですべてが決まる
その後の人生もね


保護者以外に私達のような者を保護できる人なんていない







誰が助けてくれるって?
かわいそうにと思っても実際なにもできないじゃない?
だって知らない子を家に泊めたらあなたが誘拐犯


私は、考える機会を与えたいわけじゃない

「自分がいかに恵まれた環境にいるのか再確認しました」
とか言われても
なんもありがたくはない

欲しいのは救いの手だけなんだよ
過去も苦しい今も苦しいこれからも苦しいっていう心を助けてほしいけど、未来にもどうにもならないとわかっているその心境なんだよ
どうしたってなにおこったっておこらなくたって
どうにもならないけどさ



まあそりゃあ勝手にありがたがってるのはべつに好きにすりゃあいい


話の刺さらなさとか自分本意さとか的外れ感が不愉快だけどね


そういうとこ、いかにも愛された子!王様!ってかんじだよね

堂々と屍を超えていく感?あるよね

あなたのおかげで交通事故にあわなくてすみました!ありがとう!あなたが生きれなかった分一生懸命生きていきます!みたいな
それ本人にいうたら残酷すぎないか

















学校の先生もわかってたと思う



今でも夢の中で問い詰めてる
恨みをはらしてる

知らんだったわ

あんなに同年代がいたのに
学校出ると近い年齢の人にパッタリ出会わん


自分ら、小学生のころから先生に
少子化だ、あんたら年金もらえないかもよ
って言われてきた


本当に、本当に高齢化社会だわ


街見てても40歳超えたような人しかいない


若者っぽい人は100人すれ違ったら3人くらい?


げんなりするわ

不幸の産物

親に死ね死ね言われてたから

言えるわけもない

ピアノやりたいなんて


学用品も買えないし、学校で必要だって言ったらイライラされるし
学校から病院行け病院行け言われても病院にも連れて行かれないし、おまけに病院なんて連れてかなくていいのに!と愚痴られる始末


私の命さえどうでもいいような人に
私の教養なんてさらにどうでもいいだろうし
そんな人に
金のかかること
言えるわけがない

ピアノなんて一回体験したらいいようなもんでもないし



習い事したいって言ったらどうする?って
きいたことあったけど
いいよって言ってはくれたわね

それってたぶん
あなたいつもそうだけど
子供が派手なことするの嬉しいんでしょ

でも値段聞いたらきっと断るよね
いつでも金がないから金がないから金がないからで諦めてきたんだもの


あなた知らないだけ…
習い事にいくらかかるかなんて…

なんの考えもなく子供たくさん産んだみたいに


なんにもわかってないの



だけど
気を利かせて
お利口さんした私が馬鹿だったわ


まあ、じゃあやる!って言ったところでだめだったろうけどね?

わがままひとつも言わないで
自分の道を閉ざしたことが
今では心底嘆かわしいんだわ




あんな家庭で育ったから
人の顔見ないでも人の感情わかるようになったから
それはそれで得たものではあるから、いいとするか…とか、妥協点は見つけたけどね

でもたまに気味悪がられるけどね
なんでわかったの!?気持ち悪!!!!って

これから暗黒の時代を生きる私達の世代は

何もかもを我慢しなければいけない

やりたいこともできずに
生きていることの意味なんてあるんだろうか?


馬車馬のように働いたって
今生活するためと、老後生活するためにしか金を使えない
しかも、それでは生活できないだろうこともわかっていて…


どうせ幸せにはなれない

いつ死んでもいい

夢も希望もないから


だけど、
私、やりたいこと全部諦めてきた
ほしいものが手に入ったことなんて一度もない


やりたいことやれずに死にたくない




こんなこと言いたかないけど
正直、うらめしいよ

えらくもないし劣っているのに王様面でいる
逃げ切り世代の人たちなんかさ…


「自分ら正しいし〜!若者はダメだし〜!
お世話はしてもらうし〜!でも感謝なんてしないし〜!なんなら唾吐いてやるし〜!」


そういう人たちのことなんて尊敬できないのに
なんで尻ぬぐいしなきゃなんないの?
自分の幸せを手放してまで…?

「隠すようなやましいことでもないんだから喋ったっていいじゃない?」

そりゃあ昭和の人に個人情報とか言ってもわからないよね

個人情報なんて概念なかったんだもんね


でも、自分らのときはこうだったから!って

だからなにって話なのよ

わかんないならわかんないでもいいけど

とりあえず人の嫌がることはしない

それさえできないんなら
人としてどうなのって思うけどね


しかし彼らは長く生きたって自負があるから
自分が間違っているとは認められない

「○○って、たまにそういう顔する」

そういう顔って、どんな顔?

自分で自分は見れんから、気になるけど

心を見透かされてるようで
怖くてきけなかった


きっと、正解だったろう


言い当てられたら
今まで作った笑顔すべてを否定されるようで
怖かったからさ





........





本当の自分でいなかったから、本当の友達なんていなかった

嘘の自分と友達になる友達は
嘘の友達だった


その関係自体が嘘だったのだから



きっと気づかれていたんだろうなぁ
いくら子供といえども…



だから、
小悪魔とか
おとぼけとか
言われていたんだろうな



たぶんそれって、人生にも他人にも誠実じゃなかったってことだ



..........




時がすぎるのを待っていた

解決できるのは時間しかないから


なんていうか、こなしていただけ(こなせてないかもしれんけど)


やはりそうしている間というものは
嘘以前に
目の前の人と本気で向き合わなかったということで


失礼すぎたよな



いまさら後悔したって
時は戻らないけど




..........



はじまりはたしか
四六時中一緒にいるのが疲れるとか
信頼しても裏切られるとか傷つきたくないとか
その人抜きで生きられなくなりそうで怖いとか

そんな理由だった




.........





アホだったのか優しかったのか暇だったのかわからんけども
わたしについてきてくれた子がいた

どうしてわたしにって
心底理解出来なかったけど
本当は嬉しくって有り難くって


これまで、ただ強がっていただけだったんだと気づいた



あの子は自分に似ていると感じたからかもしれない
いつの間にか本当の自分でいられるようになっていたんだよな


はじめて、ずっと大人になっても関係を保ち続けていきたいと思えた子だった


相手はどう思ってたのかわからんけど、そんなふうに思える存在ができたことを本当に幸せなことだと思えた



でもすぐに亡くなった
知り合って一年も経たず


それでもその子といた時間は濃密で


時間とは比例せず
その存在に依存していたと思う


だから、やっぱりその子抜きで生きていくのはつらすぎて


でもそれは単純に会いたいとか寂しいとかそういうんじゃなくて


勘違いしていたことを、思い知らされたというか


人ってこうして一緒にいても
ひとりひとり別の道を一人で歩いてるんだ
けっきょくは一人なんだって思ったら
つらいし


こんなにつらいなら
もうこんなふうに誰かと友達になるのやめようって
思ったし


私の一番の友達は
あの子だけだよって
この先、あの子以上にいい友達なんて出来ないよって
示すことは
誓いにも似て
ある意味心地よかったし



私は一人で生きてかなきゃならないんだって
覚悟した



けれど



人って解決した悩みでも
また悩むんだな

って

ループを感じるわ


虚無



また、目の前の人と
本気で向き合わない



いつでも他人の背後にあの子をみてしまう




(あの子だったら)


(ここにあの子がいたら)



目の前の人なんて
見ちゃいないんだ


つらいから、ただ時が過ぎるのを待つだけ



心臓が止まらないから死んでいないだけで
生きているわけではないんだと
感じる






馬鹿なのかな

頭じゃ納得してるけど
心で異議を唱えてる…気がする







きっと本当は
過去を生きてはいけないんでしょう?
私の時は進むのだから


きっとそれを
申し訳ないと思うことも
お門違いなんだろうね?



人生って一人で誰もいない道を歩く旅みたい



こんな
切っても切れない問題と向きあわなきゃならないなんて


何が楽しいのだろうか


最後に悲しい想いをするために生きていくようなのは

嫌だな


かといって、忘れられやしない

忘れたくもないしね




........


この世の摂理みたいなものに
気を取られなかったあの頃

今とは違う苦しみがあって、きっと人生一番幸せではなかった時期と言えるだろうけど


まっさらだったんだなぁ


知っていたのに
知らなかったよ



そういうのは、できたら成長プロセスに合わせてやってきてほしいもんだけれど
神様が気を利かせて
そろそろこの子に試練を与えようか?なんて計らってくれるわけもない

物事に理由などない
赤が赤でいる理由なんてないように
「そうだからそう」なんだ
(何言ってんだろうなぁ)


別れは突然来る

予告して別れる、別れの儀式がある
そんなの卒業式くらいだって

初めて知ったんだよなぁ

あおばクリニック仙台院…?

ずーっとずーっと
美容皮膚科のあおばクリニックが仙台にほしいなぁほしいなぁと思ってた(東北にひとつもないんよー泣)


都度払いでしかも安いし
機器選択もできるしジェントルレーズがあるし


交通費かけてでも関東に行ってあおばクリニックで脱毛したいなぁと思ってたの


だって実際このへんで医療脱毛(バルジ領域じゃなくて毛根に効くやつ)やるんなら、交通費かけてでも関東のあおばクリニックに行けば他のクリニックより安いなぁと思って


だけどコロナ禍だからあっち方面行きたくないし



待ってれば仙台にできてくれないかなってずっと思ってて


ホームページに問い合わせ欄とかあったら
仙台にあおばクリニックが出来る予定はないですか!?って熱望アピールしたかったけど、ないし


しかたないから「あおばクリニック 脱毛 仙台」で何度も検索かけて検索候補に上げて熱望してる人がいるってことに気づいてもらおうとしてた
まず経営陣がエゴサしとるかわからんけど



そして今日も検索したら


なんか「あおばクリニック仙台院」ってかいてある求人みつけたんだけど!?


これは??


あの あおばクリニックですか!?!?!?

オープンするん…?


え、そうだといいけど!!!


でも美容皮膚科って言ってるし脱毛メインのって言ってるし
たぶんそうじゃない??

そういう系のクリニックでまったく同じ名前のクリニックがなければの話だけど…!(ないはず)



久しぶりに興奮しちゃった



いつ開院するんでしょう☺️

悪女は砂時計をひっくり返す

なんか最近 漫画やアニメ、あと日本のドラマも(漫画アニメっぽいからね)、なーんかみていて恥ずかしいというか、面白く感じなくなったのよね

なんか話が大袈裟だったりがだめ…

主人公すぐときめいてたり、世界を救うとかいってるのが
オタクオタクしててムリになった
台詞も反応もしゃべり方も設定も展開もクサく感じる


でも悪女は砂時計をひっくり返すって漫画は
ひっさしぶりにおもしろくて続きが気になって

小学生のときはじめてゲームやったときと同じような待ち遠しさを味わえて嬉しかった


復讐ものだし、計算して生きてるところとか、
主人公がいい子ちゃんいい子ちゃんしてないところとか(だからといってべつに悪女でもないと思うけど)が自分と重なって
(やーでも人間だったら誰でもこんな世界で生きたことがあると思うけど)

設定からして過去に戻るのとか無理だったのになんかこれは平気
キャラクターがかっこつけてなくてギャグっぽくもなくて身の上話も現実味あるからだと思うけど…




正直一話60円超えって自分としては高いけど

はじめてスマホで課金した本だった




けど、


ハマってから一ヶ月ほどで休載になって


(フェアリーズのファンになったら半年後に解散したし私が好きになるものだいたい全部消える…なんでや)


すごーくすごーくがっかりしてたんだけど


今日復活してたー!
嬉しい〜



漫画の休載ってだいたいどれくらい休むことが多いのかわかんなかったけど3ヶ月くらいかなって思ってたの

しかし3ヶ月とちょっとたったんで
最近では半年待つの覚悟したところだったから
告知なしのいきなりの復活嬉しい〜

ていうか告知ないもんなんだね


有効期限切れになりそうなポイントあるから、嬉しいな

いやもう200ポイントくらいドブに捨てたけどね

フラッシュバック

私の時は進んでいるのに
今を生きているのに

引き戻される
過去は昔のことではない、終わったことではないのだと思い知らされる
今もこうしてあのときと同じように苦しめられるのは
それはもはや現在の事柄だから


あのときの私がまだ心のなかにいて
そいつに全部のっとられる




いつまでもこんなふうに苦しめられるのが悔しい

自分の体だというのに為す術もなく


頭では
もう違う
あんなのあっちが馬鹿だったんだって
自分が自分の味方でいられる
だからもう大丈夫だと
思えているのに


なんで、考え方や認識で大半のことは変えることができるというのに
なんで過去が蘇るとそれがまったく効かないのか



立っていられるのに
進めやしない


今を生きているのに



今を生きているのに
過去を生きているのがつらい


あんなやつに
私の人生を握られているようで

こんなふうに過去を生きて、未来がないのだから

私はあのとき殺されたも同然で



絶望、絶望、絶望…しかない





昔のことでしょ
って
こういう経験がない人は思うだろう


違うよ…
過去も現在なんだよ
苦しめられている人間にとっては





−−−−−−


やっぱり
爪伸びろと念じても伸びないように
自分には逆らえないんだなぁ(?)





気力や考え方でどうにかなる!とかいうの、
まずはそれがないと素質が合ってもやり遂げられないっては思うけど
それさえあればなんでもできる!って昭和の根性頭悪いと思うなぁ
じゃあ総理大臣になってきてって感じー
無理なくせに


あと、神様は乗り越えられる苦しみしか与えないみたいなやつも
だったら自殺する人いないってー
ていうか神様どんな人だか知ってんの?
それに神様信じてないのにそれは信じるの?自分たちを愛しているって決定事項なの?
いたとしても、命を生み出すだす仕組みみたいなもんが神様なんでないかな?助けてもらったことないし(いるともいないとも思ってない)(ただ自分の中に目指すべき存在みたいな意味での神はもつべきなのかなと最近思う、具体的な人物ではなく抽象的なイメージとして)

貧乏人は愛を持てない

 

愛さえあればそれでよかった


だけどさ

ゾンビ映画なんかでみるように

人間、極限状態になったら愛なんか持てやしないのよ

たとえ我が子であったとしても
自分が生きたいから子供に死ねって思うものなんだと思うわ


気力だけでなんとかなるほど、人間の力は偉大じゃない


限度というものがある



昔の子供はどうだった?売られたり見捨てられたりしなかったか?


そういう話たくさんたくさんきいてきたよね


今の人間は違うと主張しなさるか?
まったくわけがわかりません



『親はなにがあっても子供の味方』

『親なんだから一生懸命話せばわかってくれる』


そういう言葉が大大大大大嫌いだった


それはまずマズローの欲求階層の一番下が満たされないとはじまらない話だわ…



幸せな人たちだ

この人たちは
そういう、「親が子供を愛する世界」しか知らないのだ
そこに罪はないと思うが


前提が私達とは違ったから
なんだか話が噛み合わないようで


自分が不幸なときに幸せアピールされ続けるような気分で
それが正義だとふりかざされているようで


いたたまれなくて


けっきょく、わけありな子供とばかりいた

半グレってほどでもないけど、初対面でわかるよね、あの独特な雰囲気



創作物で、自分の身の上話を退廃的な雰囲気で語るシーンを見て

他人と心が共鳴するあのかんじを思い出したの


そのときだけは
仲間だったと思う



もうあんな経験はできないかもな


つらい境遇だとそれはそれで、普通の人が経験できない、いいものを得られる気がする
それはちょっとはよかったかなぁ
まあ、儚いもんだけれど






門限という言葉を友達からはじめてきいた

遊ぶ前にランドセルを家に置いてくるものだと知らないおばさんからはじめてきいた


子供に死ねというくらいなのだから
私なんて帰ってこなくてもいいのだろう
むしろ自分が手を下さずに私がどこかでなんとかなってくれたら、願ったり叶ったりなんだろう


そう思いつつも、犬のように懐いていい子で生きていく


虚しい
悲しい
体を雑巾絞りされているようだった





金持ちじゃなくていい
けど
普通の愛がある、普通の家庭に生まれたかった


金持ちが問答無用で愛を持てているかというと答えはNOだと思うが
(人を愛することの第一関門は心の余裕で、その次が人間性だと思うから)

貧乏だと、まず持てる愛すら持てないものだ


と、私は思う




綺麗事だ

人間、けっきょくは自分が一番かわいいんだよ




そんなことない!って思うなら思っててもいい



けど、私はこう思う

それだけ


わかりあえると思ってないし、わかりあう必要もない