ayumiko

殴り書きしかしてない

私は親を捨てたいのではなく、許したい

近年 
毒親だ、機能不全家族
最近そういう話題が豊富で

自分だけじゃないんだって
同じ船にのってる仲間はたくさんいるんだなぁって
勝手に励まされている

そういう話題があるからこそ、
自分の家庭が普通ではなかったんだと気がついたし

専門家の方々が言う言葉は

「許せなくていいんだよ」
「あなたがそうなってしまったのはあなたのせいじゃないんだよ」
「逃げていいんだよ」

というものばかりで、ホッとできる




わけなんだけれども




私がほしい言葉はいつもない




憎んでいるからといって
嫌いなわけじゃない


むしろ、好きだから憎んだんだ



本当は許したいんだよ
捨てたいのではなく


だって、本当はそんなに悪い人ではない
少なくとも普段から悪意に満ちている人ではない
ストレスが溜まると攻撃的になるのと同じようなもので
普段の母は普通の人


ただ、バカで浅はかで利己的で短気で人の気持がわからなかっただけの人間だ


いいところもあって、愛された記憶もあって(その頃は都合のいい愛だったのかもしれないが)
今はたぶん好きでいてくれていて


いや、そんなことではなく

親だから
愛している

もうこれは理屈じゃないと思ってる







どこ探しても
毒親を許す方法は
のってない





私は
虐待されて親を捨てた人たちを冷たい人だとは思わないが

強い人たちだと思う

自分には到底できそうもない
したいとも思えない





けっきょく
自分の気持がどうにもならないのが一番辛いのよね
母との過去そのものよりも



私はただ、母の謝罪の言葉がききたい


それだけで全部全部救われるのに



といって

もう一生
自分が無価値な人間
っていう認識は変わらないと思うから
ずっと生きづらいのは変わらないのでしょうけれど






自分の気持がどうにもならないことは

体が不自由なことに似ている気がする

やってるのに、できない…感覚に







今死んだら
これから少しも恨まなくて済むんだろうな
とは思う


それに


どうせ生きたって
誰のことも信じられず
自信もなく


好意をもたれても
逃げるばかり


そうして
人が普通にできることさえ
できないのなら


今まで、私なんかが、いいのかしら
って
諦めてきたのだから


それはこれからもそうなのだから


どうにも、ちゃんと愛されてきた人たちとは別世界に住んでいるようで
距離をとりたくなってしまうのだから


もう無駄なんじゃないか…と
意味のないことはしたくない人間は思ってしまうのですが




でももうちょっと頑張ってみたいと
ここまで生きてきたのよね



なんにも進歩してないけど






いや、それよりも



自分の存在が
恥ずかしいんだよ


これ、わかってくれる人いるかね…?




絶対正しい教祖様に
否定されて育つと
そうなんだって
思うものなんだよ
子供は外(他のお宅事情)を知らないからよけいに


そして、人格形成の時期にそう思いながら暮らしていると

一生解けないマインドコントロールの完成なのです


皮肉にも
子供は素直な魂なので

私みたいな人間でもそうでしたよ









好きなのに、恨めしい
いっそ恨み一色になれたら、どんなに楽だったか



好きなのだから
許したい
のに、許せない瞬間がくる


おんなじところをぐーるぐる




意味、あるのかね



終わりなんて、ないのでしょうね




いつも、晴れやかに「今は幸せです」と語る人は
親と縁を切った人ですね




心の中の私が言う
おまえなんかが?できるの?
って、首根っこ捕まえに来る



きっとそれは、親と縁を切ったとしても
ずっと続くんだろうと思う


悪夢をみるみたいに